MENU

貧血を防ぐための必須栄養素!葉酸サプリも効果的

妊娠中に特に必要と言われる鉄分
妊婦健診では初期・中期・後期と3回の血球検査が行われます。
これは、妊娠中、赤ちゃんの鉄分必要量増加に伴い、ママが鉄欠乏症の貧血になりやすくなるためです。

 

 

妊娠中は葉酸の摂取が特に重要と言われていますが、それに次いで重要なのが鉄分です。
鉄分不足で貧血が進むと赤ちゃんの発育だけでなく、出産や産後に影響が出てしまきます。
では、鉄欠乏症を防ぐためにどうしたらいいでしょうか。

 

鉄分不足による症状

まずは以下のような項目に思い当ることはありませんか?

月経量が多いor妊娠前は多かった
立ちくらみやめまいを感じるときがある
手先、足先が冷たい、冷える
貧血が起きるときがある
疲れやすい
頭痛が頻繁に起きる

 

生理で毎月、一定量の鉄を消耗する女性は、男性以上に鉄が必要です。
立ちくらみや軽度の貧血をいつものことと、軽く見ていたら危険です。

 

 

また、妊娠前に上記のような不調が気になっていた人も要注意!!
鉄欠乏症はママも赤ちゃんも栄養不足を引き起こし、発育や出産に影響が出ます。

 

妊娠中の鉄分不足による影響とは

妊娠中、鉄分は赤血球を作ったり、体内に酸素を運んだりする役割をします。
妊婦さんの場合は、食事で取った分だけでなくママの体に蓄えていた分が赤ちゃんに優先的に運ばれます。
その結果、母体は鉄分不足となり貧血になりやすいのです。
妊婦の30〜40%が鉄欠乏症の貧血というデータがあり、そのため「妊婦貧血」とも言われています。
妊婦さんが鉄分不足になると出産時にもトラブル発生のリスクがあります

 

分娩時に微弱陣痛となり、難産で胎児への影響も
出産時の出血が止まらないトラブル
抵抗力低下により産褥熱など

 

鉄分不足による赤ちゃんへの影響

 

赤ちゃんへのリスクは十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり

胎内で発育不足となり、未熟児や虚弱児となる場合がある
出産後、発育の遅れが出る場合がある

などがあげられます。

 

以上のことから妊婦さんはなるべく鉄分が不足しないように注意して、もし貧血になってしまった場合は早めの対策を取る必要があります。
また、妊娠を計画中の方も貧血予防には早めの対策が必要です。

 

鉄の必要量

鉄分の約70%が赤血球にあり、残りが肝臓・骨髄・脾臓などに蓄えられていきます(貯蔵鉄)。
妊娠中はこれらの鉄分が優先的に赤ちゃんにいく事になります。
ママは積極的な摂取を心がけならなくてはなりません。

1日に必要な鉄分は

成人女性12r
妊娠初期 +2.6r
妊娠中期 +12.9mg
妊娠後期 +17.5mg

 

吸収率の低い鉄分

鉄は他の栄養素に比べて吸収率が悪く、レバーなど動物性食品では約23%、ほうれん草など植物性食品では約5%ぐらいです。
思いのほか低いことに驚きますね。

 

 

植物性食品はビタミンCやたんぱく質と一緒に取ると吸収率がアップします。
また、鉄には非ヘム鉄ヘム鉄の2種類があります。
非ヘム鉄は植物性食品に多く含まれ、ヘム鉄は動物性食品に多く含まれます。
ヘム鉄のほうが非ヘム鉄に比較して、吸収率はいいといえますが、根本的な吸収率を考えると食事の他にサプリメントなどのサポートも検討しましょう。
葉酸サプリで鉄分が一緒にフォローできる製品がおすすめです。

 

非ヘム鉄の食品例

ほうれん草
ひじき
小松菜
大豆食品(納豆、豆腐、がんもどきなど)

ヘム鉄の食品例

レバー(豚、牛、鳥)
あさり
カツオ
イワシ
カキなど

 

取り方が難しい鉄分

先にも述べた吸収率の悪さに加え、鉄分は紅茶、コーヒー、ウーロン茶、緑茶などに含まれるタンニンなどが吸収を妨げます
食事中はもちろん、食前・食後も一定時間は避けたほうがいいと言われています。
また、レバーには鉄分の他にビタミンAが多く含まれていますが、ビタミンAは過剰摂取になると胎児へのリスクが心配されています。

 

 

さらに、妊婦健診で貧血と診断された際には鉄剤が処方されますが、この鉄剤は胃のムカムカや便秘を訴える人も多く、飲まないで貧血を悪化させてしまう妊婦さんも多いとか…。
こうした要素が重なって、薬剤でも食事でも鉄欠乏症が改善されないケースが多いようです。

サプリメントでのフォローがおすすめ

鉄分と並んで重要と言われているのが葉酸です。
一般的な貧血は、ほとんどが鉄分の不足によるものです。
葉酸が不足したときには、更に悪性貧血のリスクが高まります

 

鉄分は、赤血球の材料となる栄養素ですが、鉄分だけでは正常な働きをする赤血球はできません。
これに、葉酸ビタミンB12が加わることで赤血球が作られます。

 

 

なので妊婦さんには葉酸鉄分をバランス良く摂取する必要があります。
葉酸については厚生労働省から妊婦さんに向けて「サプリメントからの」摂取が推奨されているほど。

 

 

まずは食事の工夫、そして葉酸サプリも上手に取り入れて、しっかり鉄分が不足しないようにしましょう!

 

妊娠中の妊婦さんは、複数のサプリメントを併用することはおすすめできません。
その理由は、それぞれのサプリメントに含まれる成分が重複して過剰摂取になる恐れもあるからです。
もし添加物が使われているサプリであれば、添加物も摂取過多になってしまいます…。

 

葉酸サプリで一緒に鉄分も補うのが安全な方法と言えます。
当サイトで紹介している中で、鉄分が配合されていておすすめできる商品は下記の3つです。

 

ベルタ葉酸サプリ(16mg)
美的ヌーボプレミアム(15mg)
ママニック葉酸サプリ(10mg)

 

 

葉酸の含有量は、いずれも400μgなので同じです。
中でもベルタ葉酸サプリ鉄分だけでなく、カルシウムビタミン類、ミネラルDHAもバランスよく配合しているので、妊娠中の妊婦さんにおすすめのサプリメントです。
価格も3,980とお手頃で、当サイトでも一番人気のある商品です。

 

 

良質な葉酸サプリの選び方は?

美容サプリなどと違って、葉酸サプリは赤ちゃんの発育に関わる大切な時期に飲むサプリメントですから、きちんと慎重に選びたいものです。

 

葉酸サプリを選ぶ時には次のポイントをチェックして選ぶようにしましょう。
  • 葉酸はちゃんと400μg配合されているか
  • 葉酸以外の妊婦に必要な鉄分、カルシウムなどがフォローされているか
  • 国内のGMP認定工場で製造されているか
  • 残留農薬や放射能のチェック体制
  • つわりでも飲みやすいサプリメントか
  • 30日分あたりのコスパは
  • 添加物は使われていないか

 

 

「そんなに細かくひとつひとつチェックしていられない!」
という方のために、葉酸サプリの比較表も用意しましたので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

>>おすすめの葉酸サプリ比較表をチェック<<

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ