MENU

必須ビタミンについて<葉酸サプリでの摂取もおすすめ>

妊娠中はビタミンなど必要な栄養素がとっても気になりますね。
私も普段は栄養バランスなど全く気にしない方でしたが、妊娠が判ってからは本など買って勉強したものです。(シミジミ…)
葉酸など、それまではまったく気にしていなかった栄養素も、妊娠中にはとても大切ということも判明。。

 

 

こちらでは、妊婦さんに必要なビタミン類について、上手な取り方や食材などをご紹介していきますね。

 

そんなに大事な栄養素なの?

ビタミンは5大栄養素たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル)のひとつで人間の生命維持活動には欠かせないものです。
体内でのエネルギー生産などを促すために必要な栄養素です。
にもかかわらずほとんどのビタミンは人間の体内では作り出せません
そのため食べ物から取りつづける必要があり、それぞれが相互作用によって機能します。

 

 

妊婦さんが積極的に取りたいビタミンもありますが、逆に過剰摂取に注意したい成分も中にはあります。

 

積極的に取るべきなのは?

ビタミンE

別名「妊娠ビタミン」とも言われ、妊娠を望む人にも、妊娠中から出産後まで摂取することが大切です。

 

妊娠を望む人には

ホルモン分泌作用で排卵の促進、月経周期を正常にする
子宮内膜を整えて着床率を高める
血行促進作用で卵子の老化を防ぐ

無排卵月経や生理の周期が一定でないという女性の治療にも使われています。

 

妊婦さんには

胎盤の血流を促進し、赤ちゃんに十分な酸素や栄養がいき、発育がサポートされます
子宮内膜、胎盤の形成がよくなり、流産のリスクが軽減できる

 

 

出産時、出産後

胎盤の血流を促進して赤ちゃんが産道を通るときの酸欠を防止
ホルモン調節作用と血流促進作用で母乳の出がよくなる

などの、妊娠前〜出産後までママと赤ちゃんをしっかり助けてくれます。

 

ビタミンEを多く含む食品

ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生など)、アボカド、ほうれん草、カボチャ、サツマイモ、ウナギ、サバ、豆乳など

 

ビタミンB群

この栄養素は単独で取るより、複数の種類を複合的に取るほうが吸収率も高まり、効率よく働きます。
ビタミンB群とは、B1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸をまとめた総称です。

 

ビタミンB群には

たんぱく質、糖質、脂質がエネルギーとなる代謝活動に欠かせない
胎児の発育をサポートする

などの働きがあります。

 

また、ビタミンB6はツワリを軽減する効果も。
特に葉酸は妊婦さんにとって重要な栄養素です。
厚生労働省では、神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊婦さんに対して食品以外でサプリメント等から1日400μgの葉酸を摂取するよう呼びかけています。

 

ビタミンB群を多く含む食品

レバー(牛・豚・鶏)、豚肉(ヒレ、モモ)、ウナギ、マグロ、カツオ、サンマなど

 

ビタミンC

ビタミンCは美容や健康に欠かせない栄養素としてお馴染みですが、妊婦さんにも重要です。
コラーゲン生成を促して、血管、骨などを丈夫にする他、抗酸化作用で免疫力をアップします。
鉄はビタミンCと一緒に取ると吸収を高めますの。
鉄分を積極的に取りたい妊婦さんにとってもおすすめです。

 

ビタミンC群を多く含む食品

バナナ、パプリカ、キウイ、グレープフルーツ、イチゴ、カロフラワー、ブロッコリーなど

 

過剰摂取に注意が必要なのは?

妊婦さんに注意が必要なのが「ビタミンA」の摂取です。
この栄養素には赤ちゃんの発育をサポートする働きがありますが、蓄積性もあるので過剰な摂取に注意する必要があります。

 

ビタミンAには動物性由来のレチノールと植物性由来のベータカロチンの2種類あります。
妊娠中に摂取を控えたいのは動物性由来のレチノールです。
脂溶性ビタミンは体内に吸収されやすく、過剰摂取すると体内に蓄積されてしまいます。
ビタミンAの過剰摂取は副作用として胎児の奇形に繋がるリスクがあります。
一方、ベータカロチンですが必要量以外は体外へ排出されるので体内に蓄積されにくく、ある程度取っても影響は出ないと言われています。
この栄養素は緑黄色野菜に多く含まれているので、緑黄色野菜から取ったり、サプリメントで補う方が安心でしょう。

 

 

ビタミンAを多く含む食品

動物性由来/ レバー(牛・豚・鶏)、ウナギ、アナゴ、卵、イクラなど
植物性由来/ ニンジン、カボチャ、ほうれん草

 

まとめ

妊婦さんにとってビタミン類は大切な栄養素なので積極的に取りましょう
特に必要なのが、B群、C、Eです
ビタミンAも必要ですが過剰摂取に注意しましょう
「葉酸」は特に大切で厚生労働省からも摂取が推奨されています
ビタミン類をバランスよく取るには妊婦さん向けに考えて作られた葉酸サプリがおすすめです

 

妊娠中の妊婦さんが、いくつものサプリメントを併用することは、過剰摂取の可能性からもおすすめできません
そこでおすすめなのが葉酸サプリ

 

 

理由は、妊娠中にもっとも大切と言われている葉酸をはじめ、妊婦さん向けに妊娠中に必要な栄養素をトータル的にサポートしてくれるサプリメントだから。
葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミン類などマルチ配合のサプリメントがほとんどです。

 

ですから葉酸サプリで一緒に他のビタミン類も補うのが理想的です。
当サイトで紹介している中で、特に妊娠中の妊婦さんに必要なビタミンB・C・Eの配合量が充実している商品は、圧倒的に「美的ヌーボプレミアム」です。

 

 

圧倒的」という表現を使ったのはちゃんと理由があって、下表の通り…

 

ビタミンA・B・C・D・E含有量の比較表

 

ビタミンの配合量がすごく充実しています。
葉酸の含有量は、厚生労働省の推奨する400μgなのこちらも安心。
ビタミンにプラスしてカルシウムも250mg。
更に胎児の脳の発育効果のあるDHA・EPAも摂取できるので、妊婦さんの中で人気を集めているサプリメントです。

 

 

配合成分だけでなく、それぞれの配合量まで記載しているサプリメントはなかなかありません。
お値段は他社商品と比べるとお高めですが、葉酸、ビタミン、DHA、カルシウムなどの各種サプリを購入するとこの様な金額では収まりません。
それよりもそんな飲み合わせをしたら一緒に配合されている成分の過剰摂取や副作用が心配ですね…。

 

葉酸サプリのお得な買い方は公式サイトで、定期便を購入すると20%OFFの6,912円送料無料になります。
永続的に飲み続けるサプリメントは高価だと敬遠しちゃいますが、妊婦さんには大切なこの時期だけは、低価格で考えるよりも品質の高いものを選びたいですね。

 

>>美的ヌーボプレミアムの詳細はこちら<<

 

もっとじっくり、それぞれのサプリメントにどの栄養素がどのぐらい配合されているかを比較して選びたい!という方はこちらの葉酸サプリ比較一覧表で詳しくご紹介しています。

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ