MENU

授乳中も葉酸サプリは必要?

妊娠中に葉酸の摂取が大切なのはわかってるけど、授乳中はどうなの
もう出産が済めば、それで気にしなくて良いのでしょうか…?

 

どうやら妊娠中と同様に授乳期にも葉酸サプリの摂取は大切なようです。
詳しく解説していきますので、参考にしてくださいね。

 

気になる葉酸欠乏症

葉酸は別名「造血のビタミン」とも呼ばれる大切な栄養素です。
細胞分裂に不可欠。
葉物の野菜に多く含まれるため葉酸と呼ばれていますが、ビタミンB群の水溶性ビタミンです。

 

 

葉酸が不足すると‥

  • 貧血
  • 胎児の神経管閉鎖障害リスク大
  • 認知症
  • 粘膜系疾患

などの症状を引き起こします。
このような葉酸欠乏症を起こす原因としては

  • 栄養不足
  • 妊娠・授乳による必要量の増加
  • 吸収力の低下

などがあります。

 

妊娠中、特に妊娠初期に葉酸が必要であることはよく認知されてますよね。
(胎児の神経管閉鎖障害リスク予防)

 

それに対し、授乳中でも必要なのはあまり知られていません。

 

実は最近まで私も知りませんでした。。
出産後はサプリメントも飲んでなかったし、もしかして授乳中に葉酸、足りていなっかったかも?!

 

ではなぜ授乳中でも葉酸が必要になるのでしょうか?
通常の食事だけでは足りないのでしょうか?

 

 

授乳中でも葉酸サプリの摂取はマスト

葉酸の1日摂取目安量は

  • 妊活中 400μg〜
  • 妊娠中 〜400μg
  • 授乳中 340μg〜

です。

 

成人女性は1日240μg必要なので、授乳中は確かにいつもより多めの葉酸摂取を心がけなくてはならないのがわかります。
でもどうして授乳中はいつもより多くの葉酸が必要なのかと言うと‥

 

  • 良質な母乳をつくる
  • 産後の回復を助ける

 

という効果が葉酸にはあるからです。

 

 

母乳について
おっぱいの中にある乳腺には乳腺房という袋がたくさんあり、その周りを血管が取り囲んでいます。
この血管に流れている血液の中から、タンパク質などの栄養素や白血球など必要なものが取り込まれ母乳ホルモンの働きで母乳になります。
でも血液は赤いのになぜ母乳は乳白色なのか…
それは血液には赤い色素を持った赤血球が含まれますが、母乳には含まれないためです。

 

もうひとつ、
母乳ホルモンの分泌はストレスに大きく影響されるそうです。
ママになって大変ですが、安定した授乳期を過ごすためにもリラックスを心がけましょうね。

 

母乳と葉酸の関係

葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれるように良質な血液を作るための材料になります。
母乳はママの血液から作られています。
と言うことは‥
良質の母乳を作るためには良質な血液を作る必要があると言うことになるのです。

 

授乳中にも葉酸サプリが必要だということがわかってきましたね。
もし葉酸が授乳期に不足すれば・・・

 

良質な血液が作られない  良質な母乳が作られない  赤ちゃんに十分な栄養が届かない  ママも悪性貧血(葉酸不足の貧血のこと)を起こす

という危険性があるのです。

 

赤ちゃんを母乳で育てたいと思うママはやっぱり多いですよね。
でも栄養の充分でない母乳をあげていたとしたら‥
赤ちゃんの為どころか、成長を妨げることにもなりうる。。
やっぱり授乳期も葉酸サプリを飲んでおくべきなんですね。
ちょっと怖くなりました。

 

赤ちゃんの成長に葉酸サプリが必要!

赤ちゃんは生まれた後、当然ママの母乳から必要な栄養を摂取しています。
授乳期にも、葉酸赤ちゃんが細胞分裂をする為に必要な栄養素です。

 

妊娠初期に葉酸が必要とされているのは、胎児が細胞分裂を繰り返しながら体を作っているから。
赤ちゃんの体を作るのに必要なんです。
そのため厚生労働省からも葉酸サプリの摂取が推奨されているのですね。

 

葉酸が足りないと十分に細胞分裂することができずに障害が起こると言うわけなんです。
授乳期の赤ちゃんもそれと同じ。
生後、急激な成長をする為、細胞分裂を繰り返していますので葉酸が必要なのです。
そして母乳に葉酸が十分含まれていなかったら・・・
成長が遅れてしまうことにもなりかねません。

 

ちなみに、乳児用ミルクには葉酸がちゃんと配合されています。

 

葉酸は熱に弱いだけでなく吸収率も低く、摂取が難しい栄養素です。
食事からでは、なかなか必要摂取量を補えません。
授乳中にも葉酸サプリからの摂取をおすすめしています。

 

ただ過剰摂取(1日1,000μg)による副作用も報告されていますので注意が必要です。
ママが葉酸を過剰に摂取した場合、子供が喘息になりやすいと言うことも報告されています。

 

 

とはいえ葉酸サプリの容量を守っていれば、食事からの分と合算しても過剰摂取になってしまうことは無いのです。
過剰に心配する必要はありません。

 

妊娠中が4粒摂取の葉酸サプリだったら、授乳中は2粒にするなど調整すると良いと思います。
お野菜を全く食べなかった日は葉酸サプリを3粒に増やす。
など、食事とのバランスも気にしてみるといいですね。

ママにも葉酸サプリが必要!

赤ちゃんにとって葉酸サプリが必要なのはわかりました。
でも赤ちゃんだけでなく授乳期のママにとっても必要なんです。
葉酸が細胞分裂をする為に必要なこと、造血作用を持っていることは先述の通りですが、このようにママの身体にも良い効果が色々あるんです。

細胞分裂が活発になる  出産で傷ついた細胞を早く修復する
良い血液がたくさん作られる  血行も良くなる  自律神経の働きが正常化  ホルモンバランスが整う

なので授乳中には葉酸が母乳の出を良くし母乳の質を高める効果はもちろんですが、さらにホルモンバランスも整えてくれることで

  1. 産後の子宮回復の促進効果
  2. 産後の抜け毛対策に効果
  3. 産後うつ予防の効果
  4. 美容効果

など嬉しい効果が期待できます。
これは授乳中にも葉酸
積極的に摂取すべきですよね。

 

葉酸サプリからしっかり摂るようにしましょう。

 

 

せっかく素晴らしい効果を持った葉酸
サプリメントの1日目安量を守り安全に摂取してくださいね!

 

いつまで葉酸サプリが必要?

では、いったいいつまで葉酸サプリを服用した方が良いのでしょうか・・・
一つの目安として授乳を終えるタイミング「卒乳」があります。
卒乳後は葉酸サプリに頼らなくても通常の食事から必要な(成人女性1日240μg)は摂取できるでしょう。

 

ただし、野菜をあまり摂らない方は別。
引き続き葉酸サプリを活用したほうが良いかもしれません。

 

授乳期が終わって葉酸サプリを継続して摂取しても全く問題はありません。
なぜなら、先述してきた効果の他にも・・

  • 免疫力UP
  • ガンや動脈硬化の予防
  • 粘膜の維持

などの素晴らしい効果があるからです。
健康・美容目的や、さらに次の妊娠を希望している方なら授乳期が終わっても継続して葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

 

授乳期におすすめの葉酸サプリは?

ということで、食事で摂取しきれない葉酸はサプリで摂取するのがおすすめです。
でも過剰摂取には気をつけて、1日の目安量はきちんと守ってくださいね!
ただ葉酸は水溶性のビタミンの一種なので、サプリメントで過剰に摂取されても尿として排出される為、あまり神経質になることはありません。
授乳期には、鉄分、カルシウムも必要なので、妊娠中と同様にマルチに栄養の摂取できる葉酸サプリがおすすめです。
妊娠中も授乳中も継続して飲めるサプリを選ぶといいと思います。

 

 

また、葉酸サプリを選ぶ上で気をつけたいことと言えば、

合成葉酸
天然葉酸

の2種類があるということ。
名前だけ見ると「天然」の方が安心かな?と言う気がしますが、授乳中に推奨されているのは合成葉酸のサプリメントなんです。
なぜなら吸収率が高いから!
せっかく葉酸サプリを摂取していても、授乳中に必要な量を吸収できていなければ困りますね。

 

 

葉酸サプリに関しては色々な情報があります。
自分でしっかりと調べて納得したものを選び摂取することをおすすめします。

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ