MENU

無添加葉酸サプリの見極め方は?

葉酸サプリについて色々調べている上で、とても気になることがあります。
それは「無添加」の定義!
無添加と公式サイトに記載されていても、いざ原材料を見ると

 

添加物入ってるじゃん!

 

ということが多くあります。
これはどういうことなの・・・?

 

実は
無添加というのは「すべての添加物を使用していないサプリメント」という意味ではなく、特定の添加物を使用していないという意味で使われていることが多いのです。
添加物と呼ばれるものには多くの種類があるのですが、例えば

 

  • 着色料
  • 防腐剤
  • 香料

 

の中の着色料が使われていない場合、(他の添加物が使用されていたとしても)無添加と表示できることになります。

 

 

無添加葉酸サプリと聞くと、すべての添加物が使用されていないという勘違いをしがちですが、そうではないことをまず理解しなければなりませんね。

 

なんか騙されていた感が否めませんが、無添加=安心ではないのが事実なのです。

 

さらに表示基準は、行政で定められたルールはないのです。
無添加とはメーカーが商品イメージを上げるために使う謳い文句であることもあります。

 

無添加という表示を見たら、その葉酸サプリに何が使われていて何が使われていないのか、そして使われているものは安全なのかを見極める必要がある!
ということを覚えておいてくださいね!

 

 

無添加の葉酸サプリはなぜ少ない?

現状として、完全無添加でサプリメントを製造することは難しいことです。
というのは完全無添加だと匂い・味・形を調整することができないので、飲みにくくなってしまうことがあるからです。
体に良くても飲みにくい、飲めなかったら仕方がないですよね〜。

 

さらに無添加の葉酸サプリを製造するにはコストがかかってしまうため、価格が高くなってしまいます。
継続して飲み続けるにはコストがかからないことも重要です。
それから市販品のサプリの場合は、一定の在庫期間を想定する必要があり、保存料の添加も避けられません。

 

なかなかムズかしい問題なのですね…

 

ただ、
添加物は国の定めた基準にしたがって安全性が認められたもの(量)しかサプリメントにも使用することはできません。
ですから全ての添加物=危険ということではありません。

 

ですが日本では認められていても海外では禁止されている添加物があったり、また人間への影響についても研究者によって意見が別れるようです。
特に妊婦・胎児への影響は未だ分からないことも多いのが現状です。
特に葉酸サプリの場合、毎日長い間摂取し続けるものなので、体に悪い添加物が蓄積されないとも限りませんし‥

 

必要のないものは、もちろん使われていない方がいいので、より添加物の少ない、安全な葉酸サプリを摂取するようにしましょう。
少なくても妊娠中に影響のあるとわかっている添加物は避けなければいけませんね!!

 

葉酸サプリが完全無添加かどうかの見分け方は、パッケージなどの原材料名を見て見るとわかります。

 

 

完全無添加の葉酸サプリなら、天然の植物名や食品名などだけが原材料名に記載されているはずですね。

 

ただ完全無添加どうかを気にするよりは、その添加物がどういう目的で使用されていて本当に必要なものか?
そして安全なものかを知ることの方が大切だと思います。

 

妊娠中に避けたい添加物

妊娠中にはできるだけ添加物をとらないように注意したいところですが、サプリメント以外で考えても、全く摂らないというのは難しいことでしょう。

 

 

でも胎児に影響するかもしれないものについては絶対避けたいですよね?
妊娠中に特に避けたい添加物についてご紹介していきます。

添加物名 用途 影響

ソルビン酸
ソルビン酸カリウム

保存料として使用される
(ハム、ウインナー、練り物など)

染色体異常、胎児の奇形の危険
亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム

発色剤として使用される
(ハム、ウインナー、練り物など)

発ガン性、胎児の奇形の危険
リン酸塩

粘着剤や品質改良剤として使用される
(ハム、ウインナー、練り物など)

カルシウムをはじめミネラルの吸収を妨げる
赤色106号、赤色2号など食用タール色素の一部、コチニール色素

着色料として使用される
(お菓子、焼き豚、ハム、でんぶ、漬物など)

発ガン性、胎児の奇形の危険
サッカリン、サッカリンナトリウム

甘味料として使用される
(清涼飲料水、ガム、漬物、練り物など)

発ガン性、染色体異常の危険
アスパルテーム

甘味料として使用される
(清涼飲料水、ガム、アイス、チョコレートなど)

胎児の奇形の危険
ステビア

甘味料として使用される
(ジュース、お菓子など)

高血圧、むくみ
パラオキシ安息香酸、安息香酸ナトリウム

保存料として使用される
(清涼飲料水、調味料など)

染色体異常、胎児の奇形の危険
ショ糖脂肪エステル

乳化剤として使用される
(お菓子、サプリメントなど)

染色体異常、胎児の奇形の危険
OPP(オルトフェニールフェノール)、TBZ(チアベンダゾール)

防カビ剤として使用される
(輸入柑橘・果実類)

染色体異常、成長阻害
BHA(ブチルヒドロキシアニソール、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

酸化防止剤として使用される
(マーガリン、バター、油など)

染色体異常、胎児の奇形の危険
麦芽糖、マルトース

賦形剤として使用される
(お菓子、サプリメントなど)

血糖値上昇、糖尿病

 

結構ありますね。
これを見る限り加工品や嗜好品などに、妊娠中には避けたい添加物が多く使用されている可能性があるようです。
知らず知らず食べてしまっているものばかりでコワイです‥

 

妊娠中ならサプリメントに限らず、日頃から食べ物選びに注意が必要だと思いました。

 

 

添加物を妊娠中に摂取しすぎるとアレルギーのある子供が生まれるとも言われています。
お腹の中の胎児にも添加物が蓄積してしまうのです‥
ママが注意しなければなりませんね!

 

無添加の葉酸サプリを選んだ人の口コミ

実際に無添加の葉酸サプリを選んだ方の意見はどうなのでしょうか?
リサーチしてみました。

 

無添加葉酸サプリの口コミ@30歳代・Tさん

色々な葉酸サプリを試して見たのですが、やっぱり安全な成分だけで作られている無添加のものを選ぶことにしました。
選んだのは美的ヌーボです。
値段が高いのが気になりましたが、それが安心安全の証なのではと思っています。
(お安い葉酸サプリには添加物がいっぱい!だと聞きました)
特に妊娠中はママにも胎児にもとても大切な時期なので、より良いものを摂取したいし、色々なものを飲むよりはオールインワンで無添加な葉酸サプリの方がいいと思い飲み続けています。

 

無添加葉酸サプリの口コミA20歳代・Gさん

妊活中で無添加で安全な葉酸サプリを探してて見つけました。
葉酸以外にもカルシウムやビタミン・ミネラルが含まれていて余計な添加物を使用していません。
味は独特な臭さ?がありますが飲めなくはないです。
かえって体に良い!という感じがして気に入っています。

 

無添加葉酸サプリの口コミB40歳代・Lさん

妊娠をきっかけに食事にこだわるようになりました。
有機野菜や無添加の食品を選ぶようになり、今まで飲んでいたドラッグストアで手軽に買えるサプリにも多くの添加物が使用されていることにビックリしました。
病院で葉酸サプリを摂取するように勧められ、調べて見ると種類と情報が多くてビックリ!
正直迷いました‥でも色々調べて自分が納得できる無添加の葉酸サプリを選び飲んでいます。

 

無添加葉酸サプリの口コミC30歳代・Pさん

ママが添加物を多く摂取するとアレルギーの子供が生まれると聞き、注意するようになりました。
スーパーで普通に売っている食品で無添加のものがホント少ないのにもびっくりしています。
そしてサプリメントにも添加物が多いのが気になりました。
妊娠すると葉酸を摂取するように勧められましたが添加物が気になり、色々と調べました。
結局、天然素材で作られている無添加葉酸サプリであるベルタのサプリメントを見つけ購入して飲んでいます。
安心して飲めるのが一番いいと思います。

 

無添加葉酸サプリの口コミD20歳代・Dさん

100%無添加と天然材料に惹かれて購入しました。
ちょっと高いかな?という気がしましたが、後悔したくないので生まれてくる赤ちゃんのために安心安全なものを飲み続けたいと思います。

 

無添加葉酸サプリの口コミE30歳代・Rさん

第一子に時にはドラッグストアで市販されている葉酸サプリを飲んでいたのですが、今回は色々と調べた結果、通販で無添加の葉酸サプリを飲んでいます。
第一子には特に何の問題もないですが、市販のサプリには添加物が多いこと、添加物の危険を知ってからは食事にも気をつけています。
今は安心して第二子が生まれてくるのを心待ちにしています。

 

天然=無添加?よくある勘違い

口コミを見ていてもやはり、サプリメントを選ぶ際に添加物を気にしている妊婦さんは多いようですね。
もうひとつ、葉酸サプリを選ぶ時に注意しないといけないことがあります。
実は天然葉酸は無添加だ!
という勘違いをしている方が多いのです。

 

 

天然葉酸というのは、配合されている葉酸の種類が、天然の植物などから抽出したもので「ポリグルタミン酸型」と呼ばれるもののことです。
それに対して合成のものがあり、化学的に作り出された葉酸は「モノグルタミン酸型」と呼ばれています。

 

天然が良いのか?
合成が良いのか?
は意見が分かれるところですが、厚生労働省が推奨しているのは吸収率の高い合成葉酸の摂取です。

 

つまり、そのサプリメントに添加物が使われているかどうかとは全く無関係のことなのです。
もちろん、添加物に関していえば無添加の方が良いといえます。

 

天然葉酸だから無添加だとか、合成葉酸だから添加物を使用しているとは判断できないのです。
正しい知識を持ってきちんとサプリメントを選ぶことをおすすめします。

 

安心できる無添加の葉酸サプリは?

では無添加で安心の葉酸サプリにはどのようなものがあるのでしょうか?
原材料表記を見ていても、知識がないとなかなか見極めが難しいものです。
こちらでは、おすすめの葉酸サプリを比較表で紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

>>おすすめ葉酸サプリ比較表はこちら<<

 

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ