MENU

いつまで摂取が必要?

妊娠中や妊活中に葉酸を摂ることが必要なのは、もう常識になりつつありますね。
厚生労働省からも推奨されていて、サプリメントを飲んでいる方は多くなっています。

 

ただ、葉酸をいつまで摂取したらいいのか?
時期によってどのくらいの量を摂ったらいいのか?
わからないまま、ただなんとなく葉酸サプリを飲んでいる妊婦さんも多いようです。

 

妊活中〜妊娠初期〜中期〜後期〜産後・・
と葉酸の必要な量はどのくらいなのでしょうか?
そもそもサプリメントでなく食事では補えないものでしょうか?

 

 

葉酸サプリをいつまで飲んだら良いのか?
時期別の必要摂取量も含めてリサーチしてみました。

 

葉酸はいつから必要?妊活中は必要ないのでは…

厚生労働省では、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防効果を考え、妊娠の1ヶ月以上前からの摂取を推奨しています。
神経管閉鎖障害とは、受胎後28日目頃にできてくる胎児の神経管に障害が起こり、「無脳症」「二分脊椎」「髄膜瘤」などを生じることです。
受胎前後に葉酸を摂ることで、発症リスクを減らせることが分かっています。
厚生労働省からは食事からは吸収しにくいことから「サプリメント等からの摂取」を推奨しています。

 

 

もうひとつ。
妊娠1ヶ月前〜妊娠2ヶ月頃に葉酸を十分な量摂取した場合に、子供が自閉性障害になるリスクを低減できると言われています。
だいたい一般的に、妊娠していると判るのは妊娠2か月頃のこと。

 

妊娠がわかってから飲み始めても、赤ちゃんのための充分な対策には遅いのです。
妊活中の方は、胎児の神経管閉鎖障害の予防効果を考えて、妊活を始めると同時に葉酸サプリの内服を始めることをおすすめします。

 

葉酸が妊娠初期に大切な理由は?

妊娠初期は、ママのお腹の中で単細胞受精卵が、細胞分裂をし始める時期です。
分裂を繰り返した細胞がDNAの指令によって、順々にそれそれが働きのある細胞へと分化していきます。
特に心臓、脳、神経・・・そういった大事なものの一番最初の細胞ができるのが妊娠初期であり、一番デリケートな時期なのです。
サプリメントで充分な葉酸を摂取し、DNAをしっかり作っていく必要があります。
またママにとってもメリットがあって、この時期に悩まされるつわりを軽減してくれる効果があると言われています。

 

葉酸はいつまで必要?妊娠中期を過ぎたらやめていい?

妊娠初期に葉酸が大切なことは、皆さんよくご存知だと思います。
ですが、安定期を過ぎて中期になったらもう必要ないと考えられている方もいるようです。
それは間違いで、妊娠中期にも必要です。

 

葉酸推奨量・妊娠中期(厚生労働省)

食事からの推奨摂取量/ 480μg・1日(+サプリメント等から400μg)

 

この時期の葉酸摂取は流産や早産の予防に役立ちます。
それだけでなく妊娠高血圧症や貧血の予防効果もあるので、中期以降も不足しないようにしっかり補いましょう。

 

葉酸サプリはいつまで必要?妊娠後期でやめてもいい?

もうお腹の赤ちゃんもずいぶん大きくなって、胎動だって活発にポコポコと。
そうなったらもう葉酸の摂取なんて気にしなくて良いのでしょうか?
いえ、そうではありません。

 

葉酸推奨量・妊娠後期(厚生労働省)

食事からの推奨摂取量/ 480μg・1日(+サプリメント等から400μg)

 

この時期の葉酸摂取は、妊娠中に起こりやすい貧血を予防してくれます。
胎児の栄養はへその緒から供給されるのですが、ママが貧血だったり、消化がきちんとできなければ赤ちゃんに充分な栄養が行きません。
葉酸サプリで、しっかり補うことをおすすめします。
それだけでなく、赤ちゃんの免疫機能や消化機能の向上にも効果があります。

 

葉酸はいつまで必要?出産後はどうすれば?

すくすくとお腹の赤ちゃんは成長し、無事に出産を終えてひと安心♪
そうなったらもう葉酸サプリの摂取は必要ないのでしょうか?
実は、違うのです。

 

葉酸推奨量・出産直後(厚生労働省)

食事からの推奨摂取量/ 340μg・1日(+サプリメント等から400μg) 

 

出産はママの身体にとっては大変な負担。
人生のうちの一番と言ってもいい大仕事を終えたママは、大量のエネルギーと体力を消耗し、身体は疲労困憊の状態です。
妊娠中に限らず、葉酸の不足は貧血の原因になります。
産後の子宮回復を促すためにもしっかりとサプリメントを摂ってママの身体もケアしていきましょう。

 

葉酸は、産後に多い抜け毛の予防にも効果的です。
しっかりと摂取しておきましょう。

 

葉酸はいつまで必要?授乳中もサプリメントを飲むべきか

授乳中は質の良い母乳を作るためにも、栄養をたくさん取らないといけないのは何となく解りますが、葉酸もサプリメントを使うほどたくさん必要なのでしょうか?
資料では、以下の通りとなっています。

 

葉酸推奨量・授乳中(厚生労働省)

食事からの推奨摂取量/ 340μg・1日

 

授乳中については、葉酸サプリからの摂取について厚生労働省からは触れられていません。
ですが、母乳は血液から作られています。
葉酸には、造血効果があります。
そのため、欠乏すると母乳の出が悪くなることがあります。
食事からでは充分量摂りにくいのが、葉酸です。
妊娠中だけでなく授乳期間もサプリメントを適度に活用して不足しないようにしましょう。

 

葉酸はいつまで必要?授乳していなければOK?

母乳は血液から作られていて、授乳中に摂取が大切なことは、よくわかりました。
では授乳していない場合は?
卒乳した場合は?
葉酸をいつまでも取る必要はないのでしょうか?

 

葉酸推奨量・18歳以上の成人女性(厚生労働省)

食事からの推奨摂取量/ 240μg・1日

 

特に食事以外、サプリメント等からの葉酸摂取は喚起されていません。
いつまで飲むかは個人の食事バランスによって考えましょう。
あまり普段から野菜を多く食べない方は、特に不足しがちです。
240μの葉酸というと意識して摂らないとなかなか食事だけで補えません。
乳幼児の子育ては体力が資本!
葉酸サプリをいつまでも飲むのは不経済だし面倒…
と思いがちですが、自分の食事バランスとの兼ね合いも考えながら効果的に調整していきましょう。

 

 

例えば当サイトで紹介している「ベルタ葉酸サプリ」や「ママニック葉酸サプリ」は1粒あたりが100μgなので計算しやすいです。
妊娠中の妊婦さんには4錠が推奨ですが、産後は2錠に減らしたり、お野菜が不足しているなと思えば3錠飲んだりという風に上手に取り入れましょう。

 

葉酸は代謝を良くしたり、美肌の効果も注目されている成分です。
健康と美容のためにも、適度にサプリメントをいつまでも続けるといいかもしれません。

 

飲んでいる内に、二人目の赤ちゃんができると可能性もあります。
いつまで、と決めずに継続的に摂取しても問題はないようです。

 

葉酸は食事では補えない?

葉酸には大きく分けて2種類あります。
食品に含まれるものの大部分は「ポリグルタミン酸型」。
サプリメントの方は「モノグルタミン酸型」の葉酸です。
食品では消化吸収されるまでの代謝過程で、様々な影響を受けるために生体利用率は50%以下なのです。

 

さらに葉酸は、水溶性で水に溶けやすい上に加熱調理で壊れやすい性質をもっています。
食事から十分な量を摂るのは難しい事情が重なっているのです。
例えば、ほうれん草なら葉酸を400μg取るためには妊娠中には「7束」ぐらい食べないと追いつかないのです。
気の遠くなる量ですね。。

 

 

厚生労働省からも推奨しているのはサプリメント等からの摂取です。
食品に対してサプリメントに配合されている葉酸は「モノグルタミン酸型」。
安定性と生体利用率が高いのです。
食事で足りない分は、葉酸サプリから効果的に取ることがおすすめ。

 

最近の傾向ではここ20年あまりの間に、出生した赤ちゃんの体重が約200g減っているとか。
これは女性の葉酸欠乏をはじめとした低栄養が原因と言われています。

 

葉酸は妊娠しているいないに関わらず必要な栄養素です。
葉酸サプリはいつまででも飲んで良いのです。
健康維持のためにも普段の食事には気をつけながら、上手にサプリメントも取り入れていきましょう。

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ