MENU

適正な増加量について

胎児の体重については検診の度に何かと病院で言われて、神経質になりがちなママも多いはず…。
妊娠中、やっぱり何より気になるのが赤ちゃんの成長具合ですよね。
1番の目安はママの体重の増加ですが、まずは体重がどれくらい増えて、その時お腹の赤ちゃんはどんな大きさなのか見ていきましょう。

 

月ごとの胎児の体重変化

その存在を自覚できなかった受精卵から、やがて胎児へ。10カ月をかけて人へと成長していきます。生命の神秘ですね!では、具体的にはどんな変化が見えるでしょう。
月ごとの一般的な変化をまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

月(週) 胎児の体重 妊婦の体重(妊娠前から比較)
2カ月(4〜7週) 約1〜4g(ぶどう一粒ぐらい) 変化ナシ
3カ月(8〜11週) 約10g(いちご一粒ぐらい) 変化ナシ
4カ月(12〜15週) 約100g(キウイ1個ぐらい) +1〜1.2kg
5カ月(16〜19週) 約200g(りんご1個ぐらい) +1.2〜2.4kg
6カ月(20〜23週) 約400g〜600g(夏みかん2個ぐらい) +2.4〜3.6kg
7カ月(24〜27週) 約800g(メロン1個ぐらい) +3.6〜5kg
8カ月(28〜31週) 約1200g(ナシ3個ぐらい) +5〜6.5kg
9カ月(32〜35週) 約2200g(パイナップル1個ぐらい) +6.5〜8.2kg
10カ月(36〜39週)  約2500g〜3000g(すいか1個ぐらい) +8〜9.5kg

 

胎児の成長の目安をフルーツに例えてみました。
ぶどう粒ぐらいだった胎児がすいかにまで大きくなるとは感動!
しっかり育てなくてはと思いますね。

 

検診時の胎児の体重チェック

妊娠中期以降の方はご存知と思いますが、胎児の成長は妊婦健診のときに超音波検査をする、ママの腹囲、子宮底長を計ることなどでチェックできます。
腹囲とは1番大きく膨らんでいるおへそ周りから計ります。
子宮底長は恥骨の1番上から子宮の1番上まで計り、これらの健診で胎児の発育と羊水の量などを見ていくわけです。
さらに、胎児の体重(推定)は妊娠24週ごろから超音波検査で測定できます。
体重は

 

BPD:児頭大横径(頭の横幅)
FTA:お腹の断面積
AC:腹部周囲長
FL:大腿骨の長さ

 

などから推定体重として割り出されます。
誤差は平均200g前後だそうですが、赤ちゃんの体型(頭が大きい、足が長いなど)によっては誤差が出やすくなる場合もあります。
あくまでも推定体重なので、お医者さんに大きい、小さいと言われてもあまり気にし過ぎないようにしましょう。

 

胎児発育曲線をチェック

 

2014年に母子手帳がリニューアルして、それが好評のようです。
ひとつ加わった参考データが「胎児発育曲線」のグラフです。
これは日本国内で健康な状態で生まれた赤ちゃんがママのお腹に居るときに計測した推定体重を記録したもの。
この2つ曲線の間にいれば胎児の体重は標準的という目安になります。

 

 

胎児の体重とママの体重管理

胎児の体重を増やして、順調な発育をさせるためにはママの体重管理が大切です。
月ごとの変化を見ながら、徐々に適正な体重増加量となっていくことが理想です。
適正な体重増加は赤ちゃんの順調な発育につながるだけでなく、安産のためにも必要なことです。
出産月の体重増加量は妊娠前の体重で異なるので、肥満度を調べる指数・BMIで調べてみましょう。

 

適正体重増加量の出し方

妊娠前の体重[kg]÷(身長[m]×身長[m])=BMI

 

肥満度 BMI 適正体重
やせ 18.5未満 +9〜12s
普通 18.5〜25未満 +7〜12s
肥満 25以上 個別対応

※BMI25で+5kg程度

 

妊娠で増える適正な体重の構成

 

胎児の体重 約3kg
胎盤や羊水 約1kg
母体の血液量や水分など 約1.7〜2.5kg

※約6〜7s+脂肪(お産や産後に使われるエネルギー原)
※出産前の体重に基づくBMIで変化

 

体重を増やすというだけでなく、適切な栄養を取ることが胎児の発育には大切です。

 

葉酸をちゃんと摂っていますか?

特に、さまざまな栄養素の中で赤ちゃんの発育をサポートする葉酸は大切な栄養素です。
さらに、若い女性の野菜不足が原因で、近年、葉酸欠乏症と見られる出産報告が多くなり、葉酸と胎児との関連が注目されるようになりました。
妊娠中には食事以外で400μg取ることが厚生労働省から推奨されています。

 

葉酸は神経閉鎖障害のリスクを低減し、赤ちゃんの先天性の異常を防ぐだけでなく、ママの貧血を防ぐ役割もしてくれるので、きちんと取ることで胎児の順調な発育が望めます。
妊娠前から、そして妊娠中もしっかり取り続けて、ママも赤ちゃんも健やかに過ごしたいですね。

胎児の体重|気になる大きさの目安と葉酸サプリ記事一覧

妊婦検診では赤ちゃんの育っている様子が確認できて楽しみ!と思っていたのに「ちょっと小さ目かな」なんて先生に言われたら心配ですね。胎児の発育には個人差があり、標準の発育曲線の範囲内なら心配ありません。では、「小さい」「大きい」とはどんな基準で言われ、またその原因はどんなものがあるでしょう?胎児が小さいとはどんな基準?妊婦検診では、胎児の発育を見るために超音波検査で推定体重が出されます。妊娠週数の体重...

出産予定日まで「あと224日」妊娠8週目から、妊娠3カ月目に入ります。超音波で見ると胎児に小さな手足ができてきて、それが動いているのが見えます。赤ちゃんが育ってる!なんて実感できて癒されちゃいますね。さて、この時期から赤ちゃんは「胎芽」から「胎児」へと呼ばれるようになります。ちょっと昇格した感じがしますね。胎児となった赤ちゃんはどんな大きさなんでしょうか?赤ちゃんのために大切な栄養素である葉酸につ...

おや、いつものパンツが少しキツイ…と思ったら妊娠9週目に入っていました。このころ、子宮の大きさはテニスボール1個分ぐらいだとか。見た目にはそんなに変わっていないのに、下腹部が少しふっくらしてきます。また、つわりがピークという人も多く、この時期はひとつの山場。私は葉酸サプリでフォローしていました。赤ちゃんのためにもしっかり乗り越えたいですね。では、妊娠9週目の胎児とママの様子はどんな感じでしょう。妊...

個人差もありますが、多くの妊婦さんがつわりの辛さからだんだんと解放される時期です。また、熱っぽさやだるさが取れたな〜なんて自覚できる人もいるのでは、これは基礎体温が下がる働きによるもの。妊娠12週目はちょうど妊娠4ヶ月の始めの週。40週で出産と計算した場合には、3割が経過したことになります。かけがえのない、赤ちゃんと一心同体の時期を楽しんで過ごしたいですね。妊娠12週あたりから少しずつお腹も膨らん...

不調が治まり体調の良い日が多くなって、仕事も家事も元気にこなせそうな気分になる妊娠15週目くらいの時期は、前向きなマタニティライフを楽しもうと心の余裕が出てきます。でも、こんな時こそ用心して体調管理していきましょう。そろそろ分娩予約なども済ませておいた方が良いかもしれません。妊娠15週目の赤ちゃんの大きさや、気をつけておきたいことなどをみていきましょう。妊娠15週目の胎児の発育具合と母体の変化胎児...

お腹の中で何かポコポコと・・・そんな感覚が私の初・胎動体験でした。やがて赤ちゃんの動きがグルグル、と力強い感触に変わって。前にもまして、心も身体もつながってきているような嬉しい実感が持てました。胎動を感じることでお腹の子と会話をしているみたい。そんな感覚がよりママになる喜びを与えてくれたような気がします。妊娠20週目ごろの胎児の大きさと発育具合赤ちゃんは肺以外の内臓や脳細胞が整い、呼吸の練習をスタ...