MENU

どんどん大きくなる赤ちゃん。

おや、いつものパンツが少しキツイ…
と思ったら妊娠9週目に入っていました。
このころ、子宮の大きさはテニスボール1個分ぐらいだとか。

 

 

見た目にはそんなに変わっていないのに、下腹部が少しふっくらしてきます。
また、つわりがピークという人も多く、この時期はひとつの山場。

 

私は葉酸サプリでフォローしていました。
赤ちゃんのためにもしっかり乗り越えたいですね。
では、妊娠9週目の胎児とママの様子はどんな感じでしょう。

 

妊娠9週目の赤ちゃんの発育具合と母体の変化

 

大きさはまだまだですが、心臓がすっかりできあがり、妊娠8週目に確認できなかった人も9週目には心音が確認できます。
また、エコー写真で頭の中が黒く見えます。
これは脳組織が発達しつつあるということのようで安心できますね。

 

胎児は内側から外側へ、どんどん身体が作られていきます

 

生命を維持するために必要な内臓器官、脳や肺などが次々と形成されていき、さまざまな器官がさらに完成に向けて発達していきます。
そして身体の外側の器官もどんどん作られていきます。
妊娠9週目には進化の名残のしっぽも消えて、赤ちゃんの頭、手、足がハッキリ分かれて大きさも増し、動きも活発になってきます。

 

これも脳の形成が進んでいる証拠だとか。
まだ、ママには感じられませんが、胎児は光や音に反応して筋肉を動かすことができるようになっています。

 

 

エコー写真を見るとまだまだ、2頭身でつるんとしていて卵に手足が生えたようにも見えますが、頭と胴体の区別もついて成長が感じられて嬉しいですね。

 

大きくなった子宮の影響

だんだんと胎児が大きくなるにつれ、ママの身体にも変調が出てくるのも妊娠9週目のこの時期です。
いずれもちょっと喜ばしくない変調ですが…
可愛い赤ちゃんのためです、頑張りましょう♪

 

頻尿

妊娠9週目にはテニスボール大の大きさになった子宮の圧迫で頻尿や便秘という症状が出てくる妊婦さんも多くなります。
頻尿だけでなく尿漏れもという場合も・・・。

 

粗相をしてしまったような気分になってしまうかも知れませんが、これは尿が逆流して腎臓に行かないための身体の防御作用です。
赤ちゃんのためだし、まったくおかしいことでも恥ずかしいことでもありません。

 

 

尿は雑菌が繁殖していますから、腎臓へ逆流すると膀胱炎や腎盂炎の原因となります。
なのでトイレへ小まめに行く習慣をつけて尿をためないことが大切です。
また、尿漏れパッドをつけるのも手段ですが、長時間の使用は雑菌の繁殖を招きますので小まめに取り換えましょう。
妊娠中、特に妊娠9週目以降は雑菌への抵抗力も下がりがちです。

 

便秘

膀胱だけでなく腸も胎児が大きくなるにつれ圧迫されるので便秘になりがち。
また、肛門付近の血流も滞り痔核となり、俗にいうイボ痔になってしまう場合も…。
妊娠9週目頃は、まずは食物繊維の豊富な野菜や乳酸飲料などを取る、適度に動いて血流が滞らないようにして便秘にならない生活習慣を。
乳酸菌やビタミン類もバランスよく配合された葉酸サプリの内服も効果的です。
さらに、水分補給もポイントで、朝起きたてに1杯の水を飲むなど排便を促す習慣も大切です。

 

スタイル

胎児が大きくなるに伴って下腹部がふっくらしてきたら、見た目はあまり変わらなくても、大きさはお腹周りに余裕のある衣類を用意しておきましょう。
身体を締め付けると赤ちゃんも窮屈になるし、腹痛の原因になります。
また、妊娠9週目ごろからホルモンの関係で胸が張ってきて、胸に痛みを感じるなんて症状もでてきます。
下着も締め付けのない大きさの、ゆったりしたものへと変えていきましょう。

 

つわりのつらさがピークに

つわりは妊娠2カ月ぐらいから始まり、妊娠9週目(3ヶ月)ぐらいがピークとなる人が多いようです。
つわりの症状は個人差があり、胸がムカムカして何も食べられない、逆に食べていないと気持ち悪くなる、特定の臭いに反応して気持ち悪くなるなど本当にさまざま。

 

嘔吐すると水分も出てしまい、1日に何度も吐くと脱水症状になってしまうので注意が必要です。
赤ちゃんのためとは言え、辛い時期ですね。

 

もし1日に何度も吐く、日常生活が送れない、体重が5キロ以上減った、などという場合には、胎児の大きさにも影響が心配されるので、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。
いずれにしても神経質になり過ぎずに食べられるものを食べていくことも大切です。

 

つわりの時に心強い「葉酸サプリ

意外と知られていないのが、葉酸のサプリメントがつわりの緩和にも効くということ。
葉酸サプリを飲み始めたらつわりが楽になったという方も少なくないのです。
遅くとも赤ちゃんの成長が著しくなり始める妊娠9週目には飲み始めることをおすすめします。

 

 

葉酸は妊娠初期には特に大切な栄養素です。
厚生労働省からも1日に400μgの摂取が推奨されているほどです。

 

その理由は、葉酸が血液の元・赤血球を作る他、細胞分裂や細胞の成長や発育に欠かせない栄養素だからです。
妊娠初期には、特に消費が激しいので、意識して摂取する必要があります。

 

さらに葉酸には胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果がある事が分かっています。
神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄の元(神経管)に起こる先天異常のことです。

 

重ねてつわりとなれば食事もままならずに葉酸の摂取が不足してしまいます。
つわりの最中でも当然お構いなく、妊娠9週目ごろの胎児は大きさを増し、母体からどんどん栄養を吸収していきます。
栄養が取り入れない母体は消耗し、貧血を起こしてしまうことにも…。

 

 

何より赤ちゃんに栄養が行かないのが心配ですね。
そんな時、私が頼りにしたのが葉酸サプリ
葉酸は胎児の発育を促し、先天異常を防ぐ働きをします。
厚生労働省も推奨している、母体にとっても大切な栄養素です。

 

葉酸サプリには鉄分、ビタミンやミネラルなど、妊娠中に必要な栄養素を配合しているものも多いです。
これなら、複数のサプリメントを利用しなくても良いので、負担も軽くなりますよね。
食欲のないこの時期、そんな葉酸サプリを取ることでずいぶん心が安定しました。

 

流産のリスクを回避しましょう

流産のリスクは妊娠9週目を過ぎると胎児の大きさも安定し、グッと減るとか。
ちなみに流産の7割は妊娠3カ月以内に起こることが多いそうです。

 

そんなことからも妊娠9週目はつわりのピークと同時に、流産の心配がまだ残っていて、油断はできない時期と知っておきましょう。
そんなリスクを避けるために、お腹の赤ちゃんに穏やかでいてもらうためにも過度なストレスを避けて安静に、そして安全に過ごすことが大切です。

 

妊娠していても頑張ってしまう人が多いのでは?
私もそうでしたがいつものように仕事や家事をこなしたい、ちょっとぐらい大丈夫、自分ならできるなんて思ってつい無理をしてしまいがち。

 

 

せっかく授かった命を大切に育てることのほうが大事なことですよね。
妊娠9週目を過ぎてまだ葉酸サプリを飲んでいない場合は、すぐに飲み始めましょう。
周りの理解も得ながら無理をしない生活を、お腹に赤ちゃんのいる幸せな時間を味わって、安静に過ごしてくださいね♪

 

良質な葉酸サプリの選び方は?

美容サプリなどと違って、葉酸サプリは赤ちゃんの発育に関わる大切な時期に飲むサプリメントですから、きちんと慎重に選びたいものです。

 

葉酸サプリを選ぶ時には次のポイントをチェックして選ぶようにしましょう。
  • 葉酸はちゃんと400μg配合されているか
  • 葉酸以外の妊婦に必要な鉄分、カルシウムなどがフォローされているか
  • 国内のGMP認定工場で製造されているか
  • 残留農薬や放射能のチェック体制
  • つわりでも飲みやすいサプリメントか
  • 30日分あたりのコスパは
  • 添加物は使われていないか

 

 

「そんなに細かくひとつひとつチェックしていられない!」
という方のために、葉酸サプリの比較表も用意しましたので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

>>おすすめの葉酸サプリ比較表をチェック<<

 

妊娠中、妊活中の方には葉酸サプリがおすすめです!
とは言え、どんな製品でも良いわけではなく、赤ちゃんの為にも安全で効果のあるものを選ぶ必要があります。
当サイトでは、葉酸サプリおすすめランキングも紹介しているので、参考にしてみて下さいね♪

葉酸サプリ